耐震リフォーム・水回りリフォーム

トラストホームの耐震リフォーム

いつ起こるか分からない大地震に備えて、住まいと家族の安全を守るために……。住まいの耐震性に不安がある方、大地震に備えて万全の対策を施しておきたい方は、ぜひ耐震リフォームをご検討ください。

トラストホームでは、地盤の状態や建物の構造・強度に応じた耐震リフォームを行っています。ご相談から現地調査、お見積もりまで無料で承りますので、ぜひ当社にお任せください。

ご存知ですか?耐震リフォームの助成金

神奈川県の各自治体では、耐震リフォーム工事に対して助成制度を整えています。助成内容は自治体によって異なります。以下では、厚木基地周辺エリアの自治体の助成内容、条件をご紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

大和市 大和市木造住宅耐震改修工事費等補助金制度

適用条件 交付額上限
  • 工事の着手が昭和56年5月31日以前である一戸建住宅、長屋、共同住宅、兼用住宅・耐震診断の結果、総合評点が1.0未満の地階を除く階数が2以下の在来軸組み工法によるもの(耐震診断:一般診断法または精密診断法によるもの)
  • 耐震改修工事等が平成24年3月15日までに終了するもの
  • 市税などの未納がない人が申請するもの
耐震補強工事費の5分の1と工事監理費用等の2分の1の合計で、上限が50万円まで

藤沢市 藤沢市木造住宅耐震診断補助金交付

適用条件 交付額上限
自らが所有し居住する木造建築物で、次の要件に該当するもの
  1. 昭和56年(1981年)5月31日以前に建築された専用住宅(二世帯住宅を含む)および店舗・事務所兼用住宅
  2. 2階建以下の在来軸組構法により施工された木造建築物(枠組壁構法、プレハブ構法を除く)
  3. 事前相談が終わっているもの
一般診断または精密診断に要する費用の2分の1かつ上限8万円

海老名市 海老名市木造住宅耐震診断・改修費補助制度

適用条件 交付額上限
  • 本市に住所地を有する者が自ら所有し居住するもの
  • 昭和56年5月31日以前に建築された一戸建住宅、2世帯住宅又は併用住宅であるもの(昭和56年6月1日以後に増築、改築されたものは除く)
  • 2階建以下であるもの
  • 在来工法による木造住宅であるもの
  • 一般診断費の2分の1(上限5万円)
  • 現地簡易診断費の3分の2(上限2万円)
  • 耐震計画書作成費の2分の1(上限5万円)
  • 改修工事費の2分の1(上限50万円)
  • 現場監理費の2分の1(上限3万円)

綾瀬市 木造住宅耐震化補助事業

適用条件 交付額上限
昭和56年5月31日以前に建築確認を取得し、建築された在来木造住宅(昭和56年6月1日以降に増改築をしていない建物)
  • 耐震診断費の3分の2(上限4万円)
  • 耐震設計費の3分の2(上限8万円)
  • 改修工事費の3分の2(上限100万円)
  • 改修工事監理費の3分の2(上限6万円)

座間市 耐震診断および耐震改修工事補助制度

適用条件 交付額上限
昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅で、階数が2階以下の在来工法で建築された住宅を所有し、居住されているものとする。
※市が実施する無料耐震相談を受けたものであること。
※枠組壁工法およびプレハブ工法は除きます。
  • 耐震診断費の2分の1(上限5万円)
  • 耐震計画書作成費の2分の1(上限5万円)
  • 改修工事費の2分の1(上限50万円)
    ※月収の合計が214,000円(公営住宅法施行令第1条第3号の算出方法による)以下の世帯は、上限20万円まで加算
    ※市内施工者により耐震改修工事を行う場合は、上限20万円まで加算
  • 改修工事監理費の2分の1(上限3万円)

相模原市 助成制度

適用条件 交付額上限
  • 昭和56年5月31日以前に建築確認を取得し建築(新築増築改築)した、2階建て以下の在来工法による一戸建ての木造住宅または兼用住宅(延べ床面積の2分の1以上が住宅の用途に供するもの)を所有しお住まいの人
  • 昭和56年6月1日以降に増築した場合、増築部分の延べ床面積が既存部分の2分の1以内のもの
  • 耐震診断費の5分の4(上限8万円)
  • 耐震計画書作成費の2分の1(上限3万円)
  • 改修工事費の2分の1(上限80万円)
    ※高齢者世帯等については上限20万円を加算
  • 現場監理費の2分の1(上限2万円)

茅ケ崎市 木造住宅耐震改修促進事業

適用条件 交付額上限
  • 市内に存する住宅で、自己が所有し、かつ、現に自己の居住の用に供するもの
  • 一戸建ての住宅(二世帯住宅を含む)、または店舗兼用住宅(住宅部分2分の1以上)
  • 市に登録された耐震診断士が行う耐震診断事業
  • 昭和56年5月31日以前に建築された木造建築物
  • 地階を除く階数が3以下で、在来軸組構法、伝統的構法または枠組壁構法(ツーバイフォー構法)によるもの
  • 耐震診断費は一律99,000円(税込)
  • 改修工事費
    1. 補助金を利用し耐震診断を行った結果丈夫構造評点が1.0未満の場合:工事費用の2分の1(上限50万円)に耐震診断の自己負担を加えた額
    2. 1.のうち高齢者(65歳以上)世帯等の場合:1.に20万円を加えた額

町田市 木造住宅の耐震設計・改修助成制度

適用条件 交付額上限
昭和56年5月31日以前に建築確認を得て建てられた住宅
  • 耐震設計費の2分の1(上限10万円)
  • 改修工事費の2分の1(上限50万円)
    ※高齢者の場合は上限70万円

各自治体の制度・事業の詳細については当社にお問い合わせください。また、手続きのサポートも承ります。

助成金による耐震リフォームの流れ

  • 簡易耐震診断 ご自分で行える簡易診断です。
  • 一般耐震診断or精密耐震診断 建築の専門家が自宅に調査に伺って診断します。
  • 補強設計 耐震補強が必要と診断されたら設計を行います。
  • 耐震補強工事 当社にて耐震補強工事を行います。

耐震リフォームに関する ご質問・ご依頼はご気軽にお問い合わせください。

  • tel:046-201-0133 受付時間  9:00~19:00 定休日:日
  • メールでのお問い合わせはこちら

先頭へ戻る

トラストホームの水回りリフォーム

毎日使うキッチンやトイレ、お風呂などの水回りは、家の中でもっとも傷みやすい場所。経年とともに蛇口の調子が悪い、カビが取れない、浴槽にヒビが入っているなどの不具合が生じてきます。

トラストホームでは、ご家族のご要望に合わせて最適なリフォームをご提案しています。奥様が料理しやすいキッチンやおばあさまが楽に使えるトイレなど、ご家族みなさんが快適に過ごせる空間づくりをお手伝いいたします。ご相談・お見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。

水回りリフォームに関する ご質問・ご依頼はご気軽にお問い合わせください。

  • tel:046-201-0133 受付時間  9:00~19:00 定休日:日
  • メールでのお問い合わせはこちら

リフォーム専用サイト

先頭へ戻る


  • 厚木基地の騒音でお困りではありませんか

リフォーム専用サイト