最大100%の補助金が出ます!

助成金で負担0円の工事が可能に!

航空機の騒音に対する住宅防音工事は、「防衛施設周辺の生活環境整備等に関する法律」に基づき以下の条件に該当する場合、定められた基準内であれば費用は国の全額負担となり、お客様の経済的負担は一切ありません。国から最大100%の助成金(補助金)が交付されます。

条件1 住宅防音工事の対象となるエリア

住宅防音工事の対象エリアは、大和市、藤沢市、海老名市、綾瀬市、座間市、相模原市、茅ヶ崎市、町田市の一部です。詳細については「対象エリア」のページをご覧ください。

トラストホームでは、対象となるすべてのエリアでの住宅防音工事を行っています。助成金申請のサポートから工事まで、すべて当社が窓口となって対応させていただきます。

 気をつけて!業者とのこんなトラブル

条件2 住宅防音工事の対象となる住宅

条件1を満たしつつ、以下の「区域」「建築された時期」「対象住宅」を満たす場合に、住宅防音工事の希望届を国に提出することができます。複数の要件が複雑に絡みますので、「対象となる住宅かわからない」という場合にはトラストホームにご相談ください。

区域 時期 対象住宅
平成18年1月17日に第一種区域に指定された区域 80WECPNL以上の区域もしくは75WECPNL区域で乳幼児、高齢者、障害者などが居住している住宅 平成8年9月10日までに建設された住宅
上記以外の住宅 平成3年9月10日までに建設された住宅
85W(WECPNL)以上の対象区域 平成13年9月10日までに建設された住宅
上記以外で昭和61年9月10日までに第一種区域に指定された区域 昭和61年9月10日までに建設された住宅
WECPNLとは?

WECPNLとは航空機騒音の単位のことで、「うるささ指数」とも呼ばれます。騒音の大きさの感じ方は騒音回数や継続時間、昼夜など発生時間帯によって異なるため、それらの要素を1日の平均として総合的に評価した指数です。住宅防音工事は、WECPNLの数値によって対象となる住宅や助成金が受けられる工法が定められています。

どのくらい助成金が受けられる?

助成金の交付対象となるのは「工事費」「設計監理費」で、それぞれ下記表の限度額を超えない範囲で交付されます。限度額を超えた場合にはお客様の自己負担となります。

工事室数 80W(WECPNL)未満
I工法 
75W(WECPNL)以上80W(WECPNL)未満
II工法
都市型住宅 都市型住宅
1室 260万円 160万円
2室 430万円 260万円
3室 595万円 330万円
4室 745万円 400万円
5室以上 855万円 460万円

「助成金の手続きはどうすればいいのか?」そのような疑問をお持ちの方は、「防音工事の助成金の手続き」をチェック!

防音工事に関する ご質問・ご依頼はご気軽にお問い合わせください。

  • tel:046-201-0133 受付時間  9:00~19:00 定休日:日
  • メールでのお問い合わせはこちら

先頭へ戻る


  • 厚木基地の騒音でお困りではありませんか

リフォーム専用サイト