防音工事の工法・区分

助成金の対象となる防音工事の工法・区分

助成金(補助金)の対象となる住宅防音工事の工法は、防衛省の定めた「住宅防音工事標準仕方書」によって決められています。なお、区域やWECPNL(うるささ指数)によって用いられる工法は異なります。

»住宅防音工事の対象となる住宅はこちら

»住宅防音工事の対象となるエリアはこちら

第Ⅰ工法 第Ⅱ工法

区分 第I工法 第II工法
施工対象区域 80WECPNL以上の第一種区域 75WECPNL以上80WECPNL未満の第一種区域
計画防音量 25dB以上 20dB以上
工事内容 屋根 在来のまま 在来のまま
天井 在来天井を撤去し、防音天井に改造 原則として在来のまま。ただし、著しく防音上有害な亀裂、隙間などがある場合は有効な遮音工事を実施
在来壁を撤去し、防音壁に改造
外部開口部 防音サッシ(第I工法用)の取付 防音サッシ(第II工法用)の取付
内部開口部 防音建具(襖、ガラス戸などの取付)
原則として在来のまま
空気調和設備 換気扇及び冷暖房機などの設置(冷暖房機は、第I工法の場合最大4台まで、第II工法の場合最大2台まで)
その他 防音工事に伴う必要な工事

また、助成金の対象となる防音工事の区分は、対象区域や対象住宅によって4つに分かれています。なお、工事が行える居室数は、対象区域、対象住宅によって決められています。

助成金の対象となる工事区分および居室数

一挙防音工事
対象区域 75W以上の区域
対象住宅 防音工事を実施していない住宅
居室数 世帯人員+1居室までの居室 5居室が限度
追加防音工事
対象区域 75W以上の区域
対象住宅 従前の新規防音工事(※)を実施した住宅を対象に行う住宅防音工事。一挙防音工事および追加防音工事を実施した住宅は対象外
※初めて行った住宅防音工事で、2居室以内の居室を対象としていた工事
居室数 世帯人員+1居室から防音工事を実施した居室を除いた居室数 5居室が限度
防音区画改善工事
対象区域 75W以上の区域
対象住宅 バリアフリー対応住宅や身体障害者が居住する住宅などが対象。一挙防音工事および追加防音工事を実施した住宅においては、各工事が完了した日から10年を経過した住宅が対象
居室数 世帯人員が4人以下の場合は5居室、5人以上の場合は世帯人員+1居室が対象 
外郭防音工事
対象区域 85以上の区域 75W以上85W未満の区域
※初めて住宅防音工事を行う鉄筋コンクリート造の集合住宅に限定
対象住宅 85W以上の区域に所在し、一挙防音工事または追加防音工事を実施した住宅については、各工事が完了した日から10年を経過した住宅が対象
居室数 防音工事の実施の有無や居住人数にかかわらず、家屋全体を一つの区画とする

住宅は一度修繕・補修しても経年とともにまた劣化してくるもの。それは防音工事の場合も例外ではなく、経年とともに防音機能は衰えてきます。

そのような防音工事後の機能低下に対しての機能復旧工事にも、助成金が交付されますのでご安心ください。対象となるのは、空気調和設備と防音建具です。詳しくは、「機能復旧工事」のページでご説明していますので、ぜひご覧ください。

「助成金の手続きはどうすればいいのか?」そのような疑問をお持ちの方は、「防音工事の助成金の手続き」をチェック!

「どこの業者に依頼すれば安心?」「業者とのトラブルが心配……」そのような不安をお持ちの方は、「業者とのトラブルが増えています」をチェック!

防音工事に関する ご質問・ご依頼はご気軽にお問い合わせください。

  • tel:046-201-0133 受付時間  9:00~19:00 定休日:日
  • メールでのお問い合わせはこちら

先頭へ戻る


  • 厚木基地の騒音でお困りではありませんか

リフォーム専用サイト